飲み歩き!食べ歩き!美味しい楽しい口福旅

福岡のテレビやラジオで活躍する人気タレント、小雪。
美味しいものを食べるのも、お酒を飲むのも大好きな小雪が、
佐世保やハウステンボスでオススメしたい
選りすぐりのグルメスポットをご紹介します。

小雪

福岡KBCの情報番組「ドォーモ」のリポーターで登場したとたん、明るいキャラクターで一躍人気者に。出会った人とすぐに仲良くなれてしまう人懐こさが魅力。大好きな釣りをしに、佐世保もよく訪れます。

大迫力の生搾りモンブラン!
「ショコラ夫人の旧邸」

ハウステンボス アムステルダムシティ

ラブリーなピンクの外観が目をひくショコラ夫人の旧邸。「愛がとろけるフォンダンショコラ」などネーミングも甘いスイーツがたくさんで目移りしちゃう!そんな中で小雪の大きな目が釘付けになってしまったのが「丸ごと苺のモンブラン」。ふわふわのスポンジケーキの上にはたっぷりの生クリーム。その中に甘酸っぱい苺のアイスクリーム。それだけでもボリュウムたっぷりなのに、ものすごい量の生搾りのマロンクリームが滝のように降り注ぎ全体を覆います。写真映え間違い無しの大迫力!さすがの小雪もシェアできるモンブランは初めて!と目を丸くしていました。※苺のモンブランは1/11~期間限定提供

check! 人気のモンブランは季節ごとに味が変わるので、ぜひ全種類制覇してみて!グランドモンブランを1人で食べきれない人はプティサイズもあるのでご安心くださいね。1mmの無数の穴からマロンクリームが絞り出る様子は、大人も子供も見入ってしまう迫力。もちろん味はショコラ夫人のお墨付き!

とろ〜り本格的なチーズフォンデュ「チーズワーフ」

ハウステンボス アトラクションタウン

オランダのホールン市にあるチーズ計量所をモデルにつくられた店内は一歩足を踏み入れると、あれもこれも試したくなるほど美味しそうなチーズがいっぱい!お腹を空かせて2階のレストランへ。コクを生むグリュイエールと、引き(のび)を出すエメンタールに数種のチーズを独自に混ぜた本格的ながらも日本人の口に合う、塩味をおさえたチーズフォンデュが楽しめます。ジャガイモを練って蜂蜜を加え、餅状にした〝いももち〟や、アメリカで受賞歴もあるソーセージなど珍しい具材も。お好きな具材をチーズにくぐらせて熱々を楽しんで!

check! 小雪はハウステンボス限定のオリジナル白ワインと合わせて楽しみました。チーズもワインも気に入った味は1階のショップでお土産として購入!家庭でも簡単に本格的な味が再現できるチーズフォンデュや、佐世保市内の人気のバーでもおつまみとして出されているクリームチーズとチーズ専用の醤油のセットなど、欲しくなるものばかりで困ってしまうかも!

ハウステンボス アトラクションタウン

長崎の厳選素材を
鉄板焼きで堪能
「戎座(えびすざ)」

ハウステンボス ホテルヨーロッパ内

ハウステンボス ホテルヨーロッパ内

落ち着いた雰囲気でゆったりと食事を楽しみたい方へオススメなのは、ホテルヨーロッパ内の鉄板焼きが楽しめる戎座。シェフが熟練の技で素材ごとの美味しさを最大限に引き出し、調理してくれます。九十九島コースなら五島の活車海老や、地魚、長崎和牛のサーロインなどに、ガーリックライスか五島うどんが選べて満足感たっぷり。柔らかな赤身の旨味と上質な脂が織りなす長崎和牛は、まずはそのままの味を楽しんで、ふた口目は山葵(わさび)や、ミネラル豊富なフランス・ゲランドの塩を少し付けても。香りが食欲を倍増させるにんにく醤油も一層、肉の旨味を引き立てます。

check! ソムリエが選んでくれたカリフォルニアのミディアムボディをゆっくり味わいながら、目の前で美しい手さばきで次々と調理される長崎県産の極上素材を堪能する贅沢な時間に、すっかり小雪も酔いしれたよう。外では童心に帰って思い切り遊び尽くして、食事はゆったりと大人の雰囲気で本格的な味わいを楽しめるのもハウステンボスの魅力です。

心が解きほぐれるような
極上の一杯が楽しめる
「シェヘラザード」

ハウステンボス ホテルヨーロッパ内

ラグジュアリーな雰囲気でベテランのバーテンダー今井さんが振るシェーカーの音が心地よいオーセンティックバー・シェヘラザード。店名の由来は「アラビアンナイト」の登場人物であり、語り手でもある王妃の名前。お酒についてだけでなく、遥か昔のペルシャ物語にまで話題が豊富なバーテンダーさんとの会話を楽しみながら、自分の好みに合うお酒を見つけることができるのも一流のバーの魅力のひとつ。最初、大人の雰囲気に戸惑い気味だった 小雪も、優雅で柔らかな物腰の今井さんの作ってくれるお酒が進 むにつれ安心感が増し、すっかりバーの虜になってしまいました。

check! 小雪が思わず乙女カクテル!と目を輝かせたバラの花びらが漂う美しい〝ローズシャンパンカクテル〟。カクテルにも使用されるローズリキュールは香水と一緒の作り方でつくられるのだとか。店名が名付けられた〝シェヘラザード〟は一番人気のショートカクテル。ボヘミアのハンドカットのグラスに注がれ、どちらも美しく口当たりのよい華やかなカクテルです。

ハウステンボス ホテルヨーロッパ内

クラフトビールならお任せ!
「Beer bar Gustare
(グスターレ)」

佐世保市万津町

今、佐世保で人気のスポットといえばブリックモールさせぼ。その1階でひと際おしゃれな雰囲気を放っているのがココ。こだわりが詰まった店内で国内外のクラフトビールが楽しめます。親しみやすいキャラクターのオーナー、山田さんの家に遊びに来てお酒を楽しんでいる感覚になってしまうユルさが魅力です。おすすめのクラフトビールの他に珍しいジンも。食べ物持ち込みもOK。お気に入りのツマミを調達して、山田さんにお酒をマッチングしてもらう飲み方も楽しそう!2回目の訪問は誰もが「ただいま!」と言ってしまいたくなるような居心地のいいビアバーです。

check! 佐世保で唯一のクラフトビアバー。36種あるクラフトビール。注文に迷ったら、少し小さめのグラスでおすすめの3種が楽しめる飲み比べセットがおすすめ!他にも佐世保の美味しいお茶「世知原茶(せちばる)」とビールをブレンドした珍しい世知原茶ピルスナーや各種カクテルなども楽しめます。
詳しくはこちら

新鮮な海鮮に舌鼓!「松竹丸」

佐世保市平瀬町

店に入ったとたん、香ばしい魚介のいい香りが食欲をそそる松竹丸。「魚介の目利きと鮮度には自信ある!」と店主の松本さん。それもそのはず!ご実家の鮮魚店から仕入れているというから新鮮さも味も間違いなし。豪華な舟盛りには釣り鰺(あじ)や、ヒラスのずりや鯛、鰤(ぶり)など身が締まり、脂がのった5種類の刺身が並びます。さらに運ばれてきた海鮮炉端焼きのセットは、九十九島かき、マテ貝、帆立貝などを目の前の焼き台に網を乗せて焼きながらいただきます。帆立貝には特製のだしを回しかけ、旨味が凝縮されたスープも絶対飲みほしてね!

check! 小雪のオススメは、ヒラスのずり。腹身の一番下の部分で、まぐろでいうと大トロのような脂の多さでコリコリの歯ごたえがたまりません!生ビールももちろんだけど、ぜひ冬は日本酒や焼酎のお湯割りに合わせて楽しんで!と、貝を焼く手もお酒を口に運ぶ手も止まらない小雪なのでした。

佐世保市平瀬町

地元民気分で立ち寄り酒
「注連蔵(しめぞう)

佐世保市下京町

佐世保市下京町

近い場所で美味しいものが集まる佐世保の中心地なら、地元の料理とお酒を求め、ハシゴ酒はいかが?そんな時に外せないのがココ注連蔵!1階が角打で、会社帰りにちょっと一杯と気軽に立ち寄る地元の常連さんもいっぱい。今回、小雪は2階のテーブル席で、利き酒を楽しみます。佐世保で知られる潜龍(せんりゅう)酒造のまろやかな飲み口の「本陣」や、いつまでも味わいが残り余韻も楽しめる梅ヶ枝酒造の「梅ヶ枝」、そしてオリジナルの特別純米酒「酒々泉(ささいずみ)」はスッキリした喉越しが美味しいと評判です。

check! もちろん日本酒にぴったりのメニューも豊富。冬の味覚、カキフライや、お店の名物である出汁が染みたおでんも外せないけど、ここはぜひ佐世保名物の「どてこん」を食べてみて!白味噌で煮込んだ、小さな一口サイズの見た目も可愛い蒟蒻が小雪のお気に入り!どれもお酒がすすむ美味しさで、いつの間にか3種の日本酒のコップはみるみる空に‥‥!
詳しくはこちら

佐世保通なら〆に
佐世保バーガー!?
「SOUL KITCHEN JAPAN
(ソウルキッチンジャパン)」

佐世保市上京町

いまや全国区で人気を誇る佐世保バーガー。素材は作り置きをせず、手作りであることが定義づけられ、各お店ごとに 味は異なるので色々試してみたくなっちゃう!小雪が選んだのは こだわりのパティが自慢のソウル・キッチン・ジャパン。ステーキ が売りのお店ならではのバウンスバーガーは、レギュラーサイズ でも肉厚なのに、さらにひと回り大きなビッグサイズも人気。小 雪も大きく口を開けガブリ!独自の配合のスパイスがよく効いた 肉々しい自家製パテの美味しさにニッコリご満悦。深夜まで営業 しているので胃袋に自身のある人は、〆に佐世保バーガーを!

check! 日〜木曜日は夜中の3時まで、金・土曜日は午前5時まで開いているので、 遅く到着した旅行者も、安心して美味しい料理とお酒が楽しめる佐世保バー ガー提供店。アンパンマンの作家であるやなせたかしさんが描いた佐世保 バーガーボーイが店頭で迎えてくれます。ステーキがウリのレストランバーならではの佐世保バーガーの絶品パティを、ぜひお楽しみください。
詳しくはこちら

佐世保市上京町